クリボウの Blogger Tips

Google Blogger の使い方、カスタマイズ方法、各種ツールなど、
Blogger 関連の役立つ情報を紹介しています。

> > 0 時台はありません

0 時台はありません

Posted at: 2006-04-20 Label: 7

前回の投稿を編集しようと、投稿編集の画面を見てみると、投稿のオプション欄に 12: 17 AM と書かれてありました。

12:17 AM???

クリボウの感覚では、AM も PM も 0: 00 から 11: 59 までなので、
12: 17 AM は 0: 17 PM のことかと思ったのですが、違うみたいです。前回の記事は夜中に公開しましたし、記事にも 24 時間表記で 00: 17 とちゃんと出ているからです。

どうやら、Blogger の投稿エディタでの 12: 17 AM は、24 時間表記で 00: 17 のことを指しているようなのです。なんだかややこしいですね。
ん?まさか…、と思って Blogger の記事の時刻表示を 12 時間表記に替えてみると、案の定ブログ上でも 12: 17 AM と表示されてしまいました。

つまり、 Blogger の 12 時間表記では、0 時台が表示されることはないということですね。表にしてみると、一日はこんな感じです。

24時間 クリボウの感覚 Blogger 12時間表記
00:00 .. 00:59  0:00 AM ..  0:59 AM 12:00 AM .. 12:59 AM
01:00 .. 11:59  1:00 AM .. 11:59 AM  1:00 AM .. 11:59 AM
12:00 .. 12:59  0:00 PM ..  0:59 PM 12:00 PM .. 12:59 PM
13:00 .. 23:59  1:00 PM .. 11:59 PM  1:00 PM .. 11:59 PM

たとえば、「12: 40 PM 4 月 20 日」は 21 日ではなくて 20 日のお昼過ぎです。別の例を挙げると 12: 00 AM と 11: 59 AM の間には 12時間近い時間がありますし、1: 00 AM と 12: 00 AM の間には 1 時間しかないということです。

同じだと思っていたものの使われ方が違うと、混乱してしまいますね。もしかして海外ではこの表記の仕方、常識なんでしょうか?もしくは国内でもクリボウの感覚だけおかしいんでしょうか?どなたか教えて下さいませ。

えー、なんだか長くなってしまいましたが、ともかく Blogger で投稿の時刻を設定する場合には、24 時間表記で 0:00(夜中)を選びたいなら 12: 00 AM、24 時間表記で 12:00 なら 12: 00 PM を選びましょう、ということなのでした。

追記(06-04-25)

日本語の 0 時、12 時の扱いと、海外での 12 時の扱いについて、satomi さんが Long Tail World にすばらしい記事を書かれています。


スポンサードリンク:
お願い:
「この記事役に立った!」と思ったら、ぜひフィード登録をお願いします。 

Comments:7

  1. 0 時、12 時の扱って本当、困りますよね。私も以前、「12 PM オンライン提出締切」な書類があって、お昼の 12 時か夜中の 12 時か悩んだ覚えがあります。オンライン提出な所がミソで、オフラインなら夜の 12 時はありえないんですが、オンラインだとどっちの可能性もあるんですよね。

    Blogger の場合、12:00 AM 時は夜中なのですね。勉強になりました :)

    ReplyDelete
  2. ちゃめ=kamimuraです。
     私もこれ、違和感ありありでした。
     "BLogger"ではこういうもの、と割り切って使ってますが、@akaさんの仰るとおり、24時間動く社会には12時間表記よりも24時間表記の方が良いのかも知れません。
     そう思うと、午前、午後の12時間表記には、「のすたるじー」を感じてしまいますが(笑)。

    ReplyDelete
  3. 24 時間表記に慣れていると 12AM ってのは違和感がありますが、アナログ時計を見ると 0時 などという時間は存在しないんですよね。

    ReplyDelete
  4. なんか法律で定義されてるのは正午のその瞬間までが午前(瞬間を含む)、それ以降で午後ということらしく、

    午前::0:00-12:00(瞬間)
        または慣用的に
        12:00-12:59-1:00-12:00(瞬間)
    午後::12:00(瞬間以降)-12:59-1:00-12:00(瞬間)
        または24時間表記にて
        12:00(瞬間以降)-24:00(瞬間)

    ということになり正午以降の1時間は0時代ではないという事の様に覚えています。(まちがいかもしれません)
    あと、12:00AMの表記の矛盾は、法律的には正午の瞬間を指すはずなのに、慣用的には夜中の12時以降の1分間を指すというとこです。

    ReplyDelete
  5. みなさま、コメントありがとうございます。

    時刻の(日本における)12時間表記については、日本広報協会のこのページがわかりやすかったです。

    この日本での午前午後のとらえかたと、AM PM とは一致しないのかもしれませんね。
    ちなみに、僕の G ショックも 12時間表記に変えると、12:00 PM はお昼でした。

    ReplyDelete
  6. ワタシもクリ坊さん感覚。日本の方は大体そうですよね?

    でも英語圏は「am=ante meridiem (ラテン語で正午前)」と「pm=post meridiem (ラテン語で正午の後)」で分けるので12:00pm-12:59pmはランチ。「m=正午」というのが鉄則です。

    一度、昼の待ち合わせで12:30amと言ったら「何言ってんの!午後でしょう」と言われました。「でも11の次は12でしょ」ってムッとしたんですが、西洋的には数字がどうあろうと午後は午後ということらしいです。

    例えば「Zero o'clock」って使いませんよね。

    混乱を避けるため
    12 midnight
    12 noon
    とは言うけれど

    0 midnight(午前零時)
    0 noon(午後零時)
    とは言わない。おもしろいですよね。今度暇なときブログに書いてリンクさせていただきます。

    ReplyDelete
  7. ちょっと出遅れかつ12時間制ではありませんが、こんな所もあります。

    D*image Days: 2004/12/06-1 24時間制

    阪急電鉄・能勢電鉄の川西能勢口駅ですが、0時と24時が同居しています。おもしろいですね。

    (gon6 == rok です)

    ReplyDelete

Comments on Google+:

© 2005-2014 Kuribo. Powered by Blogger.